FC2ブログ
2013-08-25

上方歌舞伎会

 初日昼の部見てまいりました。
 一回目ということもあり、なかなかしっかりと決まらない部分もありましたが、みなさん精一杯勤められていてよかったです。

 車引は荒事ということもありちょっと難しかったのかなと思いました。特に黒子さんとの息が上手く合わないところが多く、やや間延びしたように感じてしまいました。
 上村吉太朗丈の杉王丸は勇ましく踊りも良かったです。

 伊勢音頭恋寝刀は総じて女方がよく、とくに万野を演じた片岡千壽丈の師匠譲りの上方のねっとりした花車方の演技お見事でした! 名題昇進おめでとうございます!

 大向うさんも玄人筋が多く、若手の演技を上手く盛り立てていらっしゃったと思います。
スポンサーサイト

theme : 歌舞伎
genre : 学問・文化・芸術

2013-08-22

「風立ちぬ」を見て思ったこと

 「風立ちぬ」とアメリカのドラマ「MAD MEN」 は表現手法が似ていると思う。現代が舞台だと批判されるもの(喫煙、仕事ばかりで家庭を顧みない(顧みられない)男性、夫を支える妻)を描くリスクを、「そういう時代だったから」という理由で批判をかわしているところが。
 ちなみに「MAD MEN」の方はそのことをよく自覚し、手法が偽悪的だと思う。「ホントはニガーとかバカだと思ってんだろ?」「同性愛者なんて気持ち悪いだろ?」「男の職場に女が入ってくんなって思ってんだろ?」という感じで、今のアメリカ人が言ったら社会的に抹殺されそうなことをバンバン言ってるところが人気の秘訣だと思う。MAD MENの批評はうちの姉の受け売りですが、的を得てるなと思ってお借りしました。
 裏返すと、今の時代、表現に対する自主規制が激しすぎるということではあるけれど、「MAD MEN」の方は(特に1期では)第二の主人公とも言うべき社会進出する女性の目線から描くことで女子の支持を獲得していたが(黒人に支持されてはいないとは思うが)、「風立ちぬ」に出てくる女性たちって、女子的には感情移入しにくいよネ。70代女子、片岡秀太郎さま(上方の伝説の女方役者)にも不評のようでした。

 批判されかねないものを批判をかわす手法で描くのなら、もうちょっとそのことに自覚的であって欲しかったなと思いました。

theme : スタジオジブリ作品
genre : 映画

プロフィール

tsubana

Author:tsubana
大阪在住、社会人やってる隠れのオタです。最近歌舞伎にハマってます
コメント・トラックバック大歓迎!!

好きな人(敬称略)
・阿部敦 ・片岡仁左衛門 ・上村吉弥、上村吉太朗
・桃井はるこ などなど

  
カテゴリー
最近の記事
同盟
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
FC2カウンター
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
 
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: