FC2ブログ
2013-09-10

九月花形歌舞伎「新薄雪物語」

はじめての歌舞伎座、行ってまいりました。

27625205_1996373744_129large.jpg

 いや、さすがに広いですね、歌舞伎座! このでかい座館が、たかが花形歌舞伎(失礼…)で満員、立ち見アリですよ! 松竹今年も黒字だね!
朝9時半すぎくらいに歌舞伎座につき、一幕見席の列に並び、新薄雪物語の花見、詮議、合腹までを見ました。
主に、吉弥さんの新・歌舞伎座初出演が見たくて…。
初歌舞伎座なので、一幕見席に並んだのも初めてだったんですが、勝手に玄人の人たちばかりが並ぶものと思っていたら、意外と初歌舞伎の人とか多かったよう。客席全体を見てもお客さんも若い人が多く、これが名前の売れている花形たちの実力か! と感服いたしました。今、誰が一番人気なんだろう。市川海老蔵か片岡愛之助あたりかな。

 筋書きとしては、やや肉食系(?)女子(薄雪姫)が和事って感じの男子(園部左衛門)に迫って恋仲になり、忍ぶ恋をしていたところで謀反の疑いがかかってしまい、その親たちが子供たちを救うために命を捨てるという話です。
 わたし的には中村七之助さん、尾上菊之助さん、上村吉弥さんの三女方が非常に素晴らしかった。特に菊くんがあの若さで、薄雪姫に対峙するときにあの貫禄を出せちゃうのは凄すぎると思いました。三人笑いのシーンは一番の見せ場で、多分一番難しいところだと思うのですが、菊之助丈の演技の細かさ。
 七之助丈は本当に化粧映えする、しかも現代的なお顔立ちで花がありますよねえ。所作も綺麗です。
 吉弥さんの情のある母親の演技もすごくよかった。そして、江戸でも「美吉屋!」の大向うがたくさんかかっていて嬉しかったです。ただ、今月は上方から出張している大向うさんも多いかと思いますが…。幕切れのそれぞれの夫をいたわる菊くんと吉弥さんのどちらを見ればいいのか…という嬉しい悩み。
 薄雪役の梅枝さんもお若いのに達者ですよねー。

 ただ、全体としては、もうちょっとなんとかならんかなーと思ったりもするのです。
まあ、まだ一週間目ですから、これからもっと良くなるだろうけど。
 江戸はいっぱい歌舞伎役者いるのに、なんで花形の主役っていつもあの辺なんでしょうね…。て聞くだけ野暮ですけど…。

 あと、歌舞伎座でなぜか「グリル凡」のカツサンドを売っていたので買ってしまいました。なぜか東京で初凡のカツサンド…。めちゃうまかったですぅ!

 今度は一般席取って行きたいなー
スポンサーサイト
プロフィール

tsubana

Author:tsubana
大阪在住、社会人やってる隠れのオタです。最近歌舞伎にハマってます
コメント・トラックバック大歓迎!!

好きな人(敬称略)
・阿部敦 ・片岡仁左衛門 ・上村吉弥、上村吉太朗
・桃井はるこ などなど

  
カテゴリー
最近の記事
同盟
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
FC2カウンター
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
 
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: